ショーグンのいろいろ書くブログ

読んだ本のことや日々考えたことなど

17.それしたら、本当嫌いになるよ

そうやってよく人はいう。それ聞くとなんか僕は嫌な気持ちになる。

その理由がふとわかった。それは、そういうことを言う人はそれをいった人の存在そのものを認めていないからだということ。行為で人を見ているということ。

おれは一人一人の存在、世の中全てのものの存在が尊いものだと思う。キセキのようなものだと思う。だから、それを否定するような嫌いという言葉は好きじゃない。おれは使わない。にっと。わからないけどね笑

16.好きと嫌い

最近人のことを好きとか嫌いとか、そういう話をよく聞く。自分と合う、合わないはあるけど、好きとか嫌いとかって、なんか違う気がする。嫌いって感情はなんか、その人のことを否定してる感じがする。

この世に正しい人はいないし。もちろん自分も正しくない。みんな自分の感情の赴くままに生きてるし、その感情は親や環境の影響が強い。

人間みんな一緒だと思う。本当に。

社会的な地位とかいろいろあるけど、そんなのは本質じゃない。みんな同じ。だから、誰かを嫌いということは自分も嫌いになるってことだと思う。

 

そういう話をふられたとき、とりあえず、のっかっとこう。その場をうまくのりきっていこう。

15.さびしさ

僕は寂しいと感じている。だから、いろんな人と関わろうとするし、未だ元カノとも連絡を取り合う。一日中スマホをみている。

このままじゃだめだ。負の連鎖にはまっている。

さびしさって、解消出来ないと思う。本能みたいなものだとおもうから。だから、抱えて、前に進むしかないんだ。そこは自分の心意気。

全ては自分の心意気だと思う。

 

もういっそ、さびしさを楽しんで、思う存分に味わって、受け入れて前に進んでいきたい。

がんばろ、自分

過去と自分以外のものは変えられない。

変えられるものを自分にとって幸せなものになるように頑張っていこう

14.3ヶ月

僕は今の自分を変えたい。前進し続けられる人になりたい。3ヶ月後、つまり、秋学期が始まる頃の自分は今の自分と変わっていたい。

毎日すべきことはわかっている。

熱い心をもってやっていくだけ

13.映画 ボーダーライン

話が難しかった。正直わかってない。

 

映画とは関係ないが、最近は忙しい。時間が足りない。本当に自分が望むもののために時間を割かなくてはならない。なにかを犠牲にしないといけない。

自分が望むもののためにやらなきゃいけないことをし、心の余裕を少しでももって、生きていきたい。

12.映画 デッドシティ2055

映画が1時間半くらいっていうこともあって、あっさりした内容だった。銃を乱射するシーンが多くて爽快だった。

Twitterとかではあまりいい評価がなかったことは納得できる。でも、軽いもの見たいなってときには、いい映画なんじゃないかな。

普遍的な正義なんて、ないのかもしれない。

ただ、己の感覚を信じて、突き進んでいくだけ