ショーグンのいろいろ書くブログ

読んだ本のことや日々考えたことなど

8.映画 桐島、部活やめるってよ

僕が好きなタイプの映画だった。

登場人物がいろいろ悩み、苦しみながら、毎日を生きていく。

感慨にふけって、しみじみ感じた。

好きな人のキスをみた、見せつけられたシーンは心が痛かった。

この映画をみて、考えたのは、全ては必然なんじゃないかってこと。僕たちの人生はもう決まっているのか。決まっていても、決まっていなくても、ただ幸せを追い求めて、苦しみながら、生きていくしかないんだよな。

 

7.映画 インターステラー

元カノのすすめで、この映画をみることにした。彼女は一番好きな映画だという。楽しみだ。

 

 

話は難しかった。そして、怖かった。

何度も怖くて、みるのをやめようとおもったり、早く終わってくれって思った。でもいい映画だったと思う。強い気持ち、愛が登場人物を動かしていた。僕も愛を持って、強い気持ちをもって、命のある限り、力強く生きたい

 

 

6.一人でも楽しい

友達とワイワイ騒ぐことはすごく楽しいけど、

一人でいても人生楽しめる。常に孤独感はあるけどね。普通の人が友達と遊んだりするお金を僕は漫画とか映画とか音楽とかに費やす。

なんか自分の立場をはっきりさせた方が楽な気がするんだ。僕は孤独な人という立場で生きて行く。恋人はいるけど、浮気したくなってしまうような関係。友達はいない。自分から誰かに連絡をすることもない。誰かにかまってちゃんすることもない。媚びへつらうこともない。僕は最後は何もない。誰もいない部屋で孤独死するんだ。そういう運命でもいい。

これは誰かに愛されたい。自分の事をわかってほしいという感情の裏返しである。わかってる。でもこの感情を持ち続けることは辛い。まあまあ辛い。だから、僕はこの感情を捨てる。別に誰にも愛されなくていい。誰も僕のことをわかってくれなくていい。ただ僕は一人で人生を楽しんで歩いていくんだ。

余分な付き合い、人への踏み込みはいらないよ。

5.ひとりごと

僕は高校のときから、僕は孤独だと思っている。本当に僕のことを理解してくれる人なんていない。理解しようとしてくれる人をいない。と思っている。でも、これは当たり前な話だ。皆自分のことで精一杯なんだ。だから、このまま生きていこう。孤独でいよう。一瞬、死にたくなる。今死んでもいいの?僕は生かされてる限り、生きてみようと思う。

僕は孤独だから無敵だ。人に媚びへつらうことなんてない。むやみに人を傷つけようとは思わないけど。僕は孤独だけど、寂しさから人とつるむことがある。人がつるんでくることがある。興味をもってくれた人には感謝しよう。

全ては必然であると考えられる。結局、人事尽くして天命を待つ。この心境で毎日出来る限り。楽しく生きたい。

 

4.人生観 その2

2.で人生観のことを書いたが、長がすぎた。

結局、言いたいことは、生かされている間は幸せを追求して、精一杯なんでもやること。

これたけ。

3.危機感

世の中にはどうしようもなくひどい人がいる。

人を殺すことで快感を得る人、人を騙して得をしたがる人、強姦して楽しむ人、など

できるだけ会いたくない。けど、会ってしまうこともある。会ってしまった時のために、事前に対策をしておかなくてはならない。

僕は大学で格闘技を習おうと思っている。自分と大切な人を守るためだ。

そして、毎日の言動を堂々とする。身体を鍛える。気が弱そうなところをみせない。そういう人は弱そうな人を狙うからだ。家にいる時は施錠をきちんとする。 などなどしっかりやっていきたい。

もし、会ってしまった時は、戦うことよりも逃げることが重要だ。

 

とにかく、自分と大切な人の人生を守るために、危機感を持って行動したい。

2.時間の使い方 人生観

人間として自立して生きていくためには、まず心身の健康が必要であり、健康でいるためには、睡眠、入浴、食事、運動などをしなくてはならない。そして、お金が必要だ。お金を稼ぐためには労働をしなくてはならない。

人生を楽しむためには、遊びが大事だ。友達と会う、本や漫画を読む、テレビや映画をみる、音楽を聴く。などなど。

何事も、終わるとあっという間だと思う。だから、人生もあっという間なものだ。幸運にも、与えられたあっという間な人生。これを精一杯楽しみつくしたい。人生の時間は、さっき書いた3つにわけられる。心身の健康を保つための時間、生きていくために労働する時間、遊ぶ時間。

 

健康、労働、遊び

 

どの時間も真剣に考えぬいて、目標を定め、全力で取り組む。そうすれば、どの時間も精一杯めいいっぱい楽しめるものになると思う。だから、ぼくはそうしたい。

実は私は大学受験浪人生である。最近、遊びの時間が多すぎだ。労働、今は将来良い労働をするための勉強をする時間を多く取らなくてはならない。10時から18時まで図書館でしっかり勉強する。今の目標は大学に合格すること。これを忘れずに、明日から過ごしていく。