ショーグンのいろいろ書くブログ

読んだ本のことや日々考えたことなど

12.映画 デッドシティ2055

映画が1時間半くらいっていうこともあって、あっさりした内容だった。銃を乱射するシーンが多くて爽快だった。

Twitterとかではあまりいい評価がなかったことは納得できる。でも、軽いもの見たいなってときには、いい映画なんじゃないかな。

普遍的な正義なんて、ないのかもしれない。

ただ、己の感覚を信じて、突き進んでいくだけ